Parallels Desktop

Parallels Desktop 13

もうWindowsとの2台持ちにさようなら!? Macで快適にWindowsソフトを使おう

手持ちのPCが一つだけのOSを実行する時代は終わりました。今日では、仮想環境のおかげで、Windows複数のエディション、またはLinuxなど、他のOSをMac上で実行できます。そして、市場にあるソフトでこれを一番スムーズに実行するソフトとして、Parallell Desktopを上回るものはないでしょう。

完全な説明を見ます

賛成票

  • VMWareやVirtualBoxのような仮想マシンのインポートが可能
  • 主要設定は既定でされている
  • スムーズな統合性

反対票

  • CPUとRAMにかける負担がやや大きい
  • 全てのプロセッサに対応されているわけではない

秀逸
9

手持ちのPCが一つだけのOSを実行する時代は終わりました。今日では、仮想環境のおかげで、Windows複数のエディション、またはLinuxなど、他のOSをMac上で実行できます。そして、市場にあるソフトでこれを一番スムーズに実行するソフトとして、Parallell Desktopを上回るものはないでしょう。

Mac上でWindowsを実行する最良オプション

Parallels Desktopのセットアップは簡単です。Windowsのインストールをするには、CDあるいはIOSイメージでインストールします。また、Parallels Desktopでは、VMWareやVirtualBoxなどのプログラムで作成された仮想マシンをインポートすることもできます。インストールは、Windowsの新規インストールと同じ程度の時間で、完了します。

セットアップ過程では、Transporter機能が、例えば異なるOS間でファイルの共有が出来るようにするか、または外部デバイスの使用を許可するかなどの細かい設定を丁寧に誘導します。そのほかにも、例えば起動時にどのバージョンのWindowsを起動するかを確認したり、Parallelsに割り当てられたRAM容量、ハードディスク容量、ハードウェアアクセラレーションなどの設定を変更して、実際のデスクトップと仮想デスクトップのバランスを保つよう、設定をいじることが出来ます。

30以上の便利な追加機能

Mac上でWindowsを実行できる環境を作成するのとは別に、30以上の便利なユーティリティを搭載。スリープロック、動画変換、ドライブのクリーンアップ、GIFの作成などなど、日常の作業の効率化の助けになるでしょう。

また、注目する点として、Parallelsのような仮想環境でOSを実行する際、ウィルスの心配がありません。存在しうるウィルスは、仮想環境から出ることはできず、手持ちのPC本体に侵入することはありません。それでも、作業環境が確実にクリーンに保つには、ウィルスモニターソフトのインストールをお勧めします。もし、深刻なウィルス問題が発生した場合は、OSを再インストールすれば問題ありません。

お使いのPCで複数のオペレーティングシステムを実行する必要がある場合は、Parallels Desktopで間違いありません。


Parallels Desktop

ダウンロード

Parallels Desktop 13

ユーザーレビュー

スポンサー×